まるでその歪んだ形状まではっきりと認識できるかのような、生々しく鮮烈な感触。
 腹腔がびりびりとざわめき、産道が引き裂かれ、こじ開けられてゆく。
【 唯良 】「あぎぃぃおぉっ!? んぐぅっ、おっ、ぃあはぁぁっ!? あっ、あがああぁっ!」
 膨らみきった腹の内から、次々と何体もの鬼が産み落とされた。
【 唯良 】「はひぎっ! ぃあぁっ、きてっ、ますうぅっ!出ちゃってますっ、んぃっ、
      あ はぁあぁぁっ!」
 あまりの凄惨な光景を前にして、にわかには理解が追いつかない。
 自らが醜くおぞましい鬼の母胎となり、あまつさえそれらを自身の子だと、肉体が認識してし
 まっているのである。
 これ以上の喫驚と屈辱が他にあろうか。