いつの間にか聖良の股下には、彼女の太腿ほどはあろうかという、
 性器を模した巨大な触手が据えられていた。
【 聖良 】「ひいぃぃっ、ぅあっ、いや、あぁっ! そんなの、無理っ、無理ぃぃ!」
 種魔鬼には哀願を理解するような能などなく、端から彼女の言葉を聞き入れるつもりもない。
【 種魔鬼 】「こいつで、たっぷりと犯してくれる!」
 ただ邪なる欲望の赴くがまま、高まる興奮に突き動かされて、
 触手根が聖良の膣肉を抉り込むようにかき分けた
【 聖良 】「かっ、はぁぁっ!? あぁっ、いや、いぃやあぁぁっ
     いたいぃっ、むりなのにぃっ、そんなのっ、もうっ、んあぁぁっ!」