巨躯を具えし醜悪なる魔物……鬼たちの求めた真の姿である孕魔鬼が、唯良を軽々と抱え上げ
 て唸りを上げる。
 自らを産み落とした母胎である彼女へ、更なる種付けを行おうというのだ。
【 唯良 】「ひぃっ、いいっ……いやぁっ、だめ、ですっ……もう、やめてぇっ……!」
 豪腕と触手が問答無用で、唯良からあらゆる希望を毟り取る。
【 唯良 】「んいぃっ、あっ、んあぁぁっ! はっ、放しっ、てぇぇっ!」
 ペニスにしがみつくような形で後ろから束縛され、自由を奪われる唯良。
 孕魔鬼は彼女の上半身よりも長大な剛直を、無慈悲にも彼女の肉襞へとあてがい、
 強引に押しつけてゆく。