-シーダ・サヌーマク- 

  王国「サヌーマク」の第二王女。
  生来、武芸に秀で、姫としての身分を持ちながら王国の剣たる騎士となった。
  荒くれ者ばかりの騎士団をまとめ、自ら先頭に立ち指揮を執る姿に憧れる者は多く、
  騎士としての高貴さと、姫としての可憐さからやがて“姫騎士”と称される。
  一方で治政についてはおおよそ疎く、
  勉学を勧める文官たちから逃げ回っているとか……

     △陵辱シチュエーション紹介△

  【おクスリ強制発情】
     トロルの人外巨根を無理矢理ねじ込まれ、
     身体を裂かれるような苦痛に叫び悶えるシーダ。
     そこに、触手生物が分泌する強力な淫液を注射されてしまう……
     媚薬催淫効果は強烈で、乳頭が勃起し、母乳はダダ漏れ、
     苦痛の源であった巨根に愛おしさすら感じ、うれションまで披露。
     アヘ顔で涎と鼻水を垂れ流す、姫騎士にあるまじきみっともない表情で
     シーダは絶頂に次ぐ絶頂を迎えさせられるのであった。

  【水電球】
     水球状の生物に囚われてしまうシーダ。
     窒息の恐怖と闘う中、水球の中でオタマジャクシのような生物が
     次々と侵入してくる。
     周囲を泳ぎ回った魚生物は、やがてシーダの膣に狙いを定め、
     子宮へと入り込み、そこで放電を開始。
     窒息と放電による二重の苦痛が姫騎士の精神を責めたてる……

  【自慢のペニスケース】
     オーガの族長らにペニスケースとして扱われるシーダとシェリル。
     異形のチンポを膣に収められ、羞恥と快楽に苛まされる。
     それでもお互いの前で無様は晒すまいと耐える姉妹であったが、
     オーガらはお互いのペニスケースの鳴き声や具合を自慢し合い、
     姉妹を何度もアクメへと追い込んでいく。


 SampleVoice